本文へ移動

歴史・文化/景観

歴史的な街並みの保全、再生、整備を目的とした計画・制度の立案などの業務です。また、自治体が策定する、景観計画及び景観条例の作成支援、屋外広告物の規制誘導に方策の検討など、景観行政全般の支援を行う業務です。
 

西予市明浜町狩浜の重要文化的景観選定支援プロジェクト

文化的景観保存調査報告書のとりまとめや、景観計画、文化的景観保存計画の策定支援をはじめとして、重要文化的景観「宇和海狩浜の段畑と農漁村景観」の選定申出を支援しました。文化的景観保存計画では、地域活性化を重視し、景観計画と連動させた段階的な取扱基準の設定や届出制の検討を行いました。

[受注者] 西予市 [受託年度] 2017年~2018年 *九州事務所プロジェクト
 
 
 

桐生歴史的風致維持向上計画

織物のまち・桐生市には、重伝建地区の町並みやノコギリ屋根工場などの歴史的建造物と、織物産業や桐生祇園祭などの活動で構成される歴史的風致が広がっています。
この歴史的環境を活かしたまちづくりを進めていくため、歴史まちづくり法に基づく「桐生市歴史的風致維持向上計画」の策定にあたって支援を行いました。

[受注者] 群馬県桐生市 [受託年度] 2016年~2017年 *三重事務所プロジェクト
 
 
 

黒石市の景観づくり支援の取組

黒石市全域を対象とした景観計画の策定・景観条例及びガイドラインの制定の支援を行いました。また、景観づくりを普及させるための各種事業(くろいし景観資産の指定、あずましい景観の募集、小学生を対象とした景観学習、シンポジウムの開催、こみせ再生コンペ等)を実施しました。

[発注者] 黒石市 [受託年度] 2012年~2016年 *東京事務所プロジェクト
くろいし景観資産ツアー
景観資産プレート
黒石市の景観歳時記
 
 
 

太宰府市歴史まちづくり推進プロジェクト

「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」に基づき、「太宰府市歴史的風致維持向上計画」の策定支援に取り組み、平成22年に国の認定を果たしました。認定後は、街なみ環境整備事業導入支援、太宰府天満宮門前六町まちづくり協議会の設立と運営支援等に取り組み、歴史的風致形成建造物の修理や歴史的通りの整備をはじめ、同計画に位置づけた事業の推進が図られています。平成28年には観世音寺地区歴史的風致維持向上地区計画の導入支援にも取り組んでいます。

[受注者] 大宰府 [受託年度] 2009年、2011年、2016年  *九州事務所プロジェクト
 
 
 

国史跡「姉川城跡」保存活用プロジェクト

 中世平地城館跡と環濠集落で構成される国史跡「姉川城跡」の保存管理計画、そして整備構想・基本計画の策定支援に取り組みました。
 保存管理計画では、人と遺跡の共存を目指し、史跡指定地内に暮らす住民が住み続けるられることを前提として、現状変更の取扱基準等を設定しました。
 整備構想・基本計画では、保存整備と活用整備の観点から、今後求められる具体整備の方向性と整備プログラムの設定を行いました。

[受注者]神埼市 [受託年度] 2011年~2012年、2014年~2015年 *九州事務所プロジェクト
現在の姉川城址の全景
整備イメージ
溝口周辺の整備イメージ
TOPへ戻る