本文へ移動

高鍋 剛 - Takanabe Tsuyoshi

主なテーマ

土地利用計画及び都市計画制度全般、まちづくり条例をはじめとする土地利用政策実現のための手法開発・提案
震災復興まちづくりのプランニング、プロセス設計
農山漁村・過疎地域のまちづくり・活性化
PFI事業等官民連携による事業計画・推進方策の企画提案

資格と経歴

取締役 / 主任研究員 /  認定都市プランナー
 
神奈川県出身
平成3年    横浜国立大学工学部建設学科卒業
平成5年    横浜国立大学大学院工学研究科修士課程計画建設学専攻修了
平成5年    株式会社 都市環境研究所 入所
平成21年    主任研究員
平成23年    地区計画室長
平成24年    執行役員
平成28年    取締役

社会的活動等

● 講師・委員・アドバイザー・コーディネーター等
・陸前高田市中田地区高台移転協議会アドバイザー(2011-)
・横浜市マンション団地再生コーディネーター
● 所属団体・活動等
・(一社)日本建築学会都市計画委員会委員
・NPO法人日本都市計画家協会理事・副会長
● 著書・論文等
「土地利用整序手法の進化過程における特別用途地区の制度的特性に関する研究」都市計画学会(共同執筆)、1999
「都市計画マニュアル-土地利用編 2都市計画区域・区域区分」都市計画学会編(共著)、丸善、2002
「線引き制度の可能性と限界」線引き制度運用研究会・NPO法人都市計画家協会自主事業、2002
「都市・農村の新しい土地利用戦略」共著、学芸出版社、2003
「自治体都市計画の最前線」共著、学芸出版社、2006
「地域再生-人口減少時代の地域まちづくり」共著、日本評論社、2013
 
TOPへ戻る